幼稚園教諭資格 大学・短期大学(短大)・専門学校一覧

幼稚園教諭免許状

幼稚園は、文部科学省所管の学校で、学校教育法で指定されおり、みなさんが目指す幼稚園の先生になるには、教育職員免許法に定められている、「幼稚園教諭免許状」という資格が必要です。

幼稚園教諭免許状には、「普通免許状」と「臨時免許状」とがありますが、一般的に幼稚園教師になるための資格取得するのは「普通免許状」です。

この「普通免許状」にも種類があり、「専修免許状」「1種免許状」「2種免許状」と3種類あり、各都道府県の教育委員会によって授与され、全ての都道府県において有効な資格です。

幼稚園教諭を目指すみなさんが、幼稚園教諭養成課程を備えた大学や短期大学、通信教育課程、また文部科学大臣指定の専門学校・教員養成所等の教諭・教員養成機関に入学して取得するのは、この「普通免許状」です。

免許状の違い

「専修免許状」「1種免許状」「2種免許状」がありますが、何が違うのか簡単に説明しますね。

幼稚園養成課程を備えた教諭養成機関で取得する場合、それぞれの養成機関で必要な単位を取得しないといけませんが、

「専修免許状」
大学院の修了者で、大学卒業後に大学院修士課程や専攻科などで取得します。

「1種免許状」
「児童学科」「幼児教育学科」等の幼稚園教諭養成課程のある4年制大学など、学士号を有する修了者で、卒業すると同時に取得できます。

「2種免許状」 
大学と同様の養成課程のある短期大学、文部科学大臣の指定する専門学校や教諭・教員養成所等で2年以上の課程修了者です。

2種免許状を取得している方が、1種免許状を取得するには、一定期間の実務経験と一定単位の科目を修得することで、取得できます。

免許状の違いによって仕事内容が変わるということは一般的にありませんが、給与体系等多少の違いはあります。

そういったことも考慮して、進学する学校を選択して下さいね。

自分に合った幼稚園教諭養成機関を選ぼう

幼稚園教諭の養成校には、

〇幼稚園教員養成課程を有する大学
〇幼稚園教員養成課程を有する短期大学
〇文部科学大臣の指定する教員養成機関の専門学校・養成所

があり、種類も専修・1種・2種とがあり、養成年限も4年制・3年制・2年制があります。

教員養成課程を有する学科等の特色もさまざまですから、みなさんがどのような幼稚園教師になりたいのか、どのようなところを特に学びたいのかなどを考え、養成機関の特色等をよく比較し選択して下さいね。

 

Copyright (C) 2011 幼稚園教諭資格取得学校 大学・短期大学・専門学校・通信教育課程 一覧. All Rights Reserved.